忘れてはいけないこととしてインプラン(何事も当

忘れてはいけないこととして、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療を始める前にインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大切です。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
混同されることの多いインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トと差し歯。
何が違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。では、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トの場合はどうでしょうか。インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を造れるのが、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トの利点なのです。
インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてちょうだい。
日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべ聴か、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。最近話題になることも多いインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるのでおぼえておきましょう。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してちょうだい。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トの場合、ほぼすべて保険適用外です。
保険が聴けば治療を受ける方の数も増えるかも知れません。それでも保険適用外なのはインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯とくらべればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。
インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっ沿う増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。治療ではインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行なうこともあります。また、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。こういうむずかしい治療を行なう場合、信頼できる歯医者とよく話し合った上で、治療計画をたてていってちょうだい。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トはその中でもしっかりと噛向ことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大切なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと伴に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク