入院施設のある病院に勤める看護師

入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤で働く必要のある仕事です。具体的な時間帯ですが、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。
主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。一方の3交代勤務では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。就職しようとしている病院がどういった交代勤務を採用しているのか調べておきてください。
ナースの資格を取得するにはよく知られている、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。
二つのちがいは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、もらえるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。
それに対して、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。
看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、第一に待遇で何を重視したいのかをリストアップするのがよいでしょう。
夜間に働くのは避けたい、プライベートの時間は十分確保したい、敬遠したい仕事、立とえばお亡くなりになるときなど、リクエストには個性があります。ご存知のように専門職であるナースが不足し困っている職場は多いため、不満がたまるような勤め先で我慢して勤める必要はないのです。
一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だと結構症状の重い患者さんもいますから、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、ご飯の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師がおこないます。
いきなり緊急手術が行なわれたり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールに何度も応答することになったり等々、目が回るほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。なぜナースをやるのかといわれ立ときに、外せないワケの一つに年収が高いということがあります。
初任給で考えても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人立ちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。
しかし、給料を多くもらうという事は、自分の腕を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。
看護師として働いて、もう数年になります。それで、気がついたことと言えば、看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。
喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、少しずつナースの世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。
アルコールの方ですが、たまに行なわれる飲み会などでのみんなの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。
私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のためにしばらくナースをやめていました。
でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、今もナースの職についています。
多少、仕事をしていない期間があっても、役に立つ資格があったらそこまで苦労なく復帰できますね。
私も何か役に立つ資格を取っておけば良かっ立と思いました。
勤務中のナースというのは中々リラックスできる暇などなく、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。
ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。
そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この仕事をつづけていくのであれば大切な点になるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク